晴耕雨絵

晴れた日は農業を。雨が降ったら絵を。農業と絵についてゆっくりと更新していこうと思います。

絵画:最近の作品

 

趣味で絵画教室(東京)に通って5年ほど、鉛筆デッサンから初めて、アクリル水彩、最近は油彩を習っています。以下の作品は、油彩4作目です。

月2回を目途に上京し、教室にも行きます。

 

「さくら2013」 P10号

定年退職の思い出に、最後の職場の窓からの景色:小菅西公園の桜、荒川放水路京成電車首都高速道路スカイツリーを描きました。

荒川を画面左側に11km下ると西葛西の我が家がありますが、放水路内のサイクリングロードが私の通勤経路でした。また、30年前にもこの場所に勤務していたため、当時のからの移り変り、とりわけスカイツリーが出来上がって行く様子を桜の花びらの中に取り込みました。

なお、この作品は6月30日絵画教室の作品展で大賞を頂きました。

 

 

 

f:id:to4nori:20130320123002j:plain

 

農業の傍ら描いた作品

本ブログの名前の四文字熟語を実践ずべく、絵筆をとっています。

こちらの絵画サークルを紹介してもらい5月から参加。7月の展示会に2点出品しました。こちらでの名前は「横山兵八」とすることにしました。

「荒浜海岸散策」 M10号

帰郷の際よく訪れる場所で、冬晴れの早朝の情景です。左の朽ちかけた船宿は10年くらい前はあったのですが、今はありません。流木は想像で描き入れています。また、画材に現地の砂を採取して手前の砂浜等を描いています。

 

f:id:to4nori:20110101000626j:plain

 

「東ノ輪海岸」 F10号

サークルの写生会で訪れた場所で、岬の松林から望む海岸線の屈曲した様子や遠くの岬や海の色が印象的でした。

f:id:to4nori:20110101000323j:plain

 

広告を非表示にする